歯ブラシ-道具(その2)-

歯磨剤、歯みがきペースト
様々な種類のものが市販されており、何を使ってよいのか
お悩みの方も多いと思います。
使うことについて、歯科医師の中でも賛否があり、
「全く使わない方がよい」と仰る先生もいらっしゃいます。
確かに、大量に長期間にわたって使い続けると、研磨剤が入って
いますので、歯の根元の部分が減ってきたりする事があります。
(この歯の根元が減る事は、以前は歯磨きだけが原因と思われて
いましたが、現在は他の要因も関わって起こる事が分かっています。
このお話はまた別の機会に)
薬理効果が期待できるものもありますので、少量を仕上げに使って
できるだけ長い時間お口の中に留めておくのが、よいでしょう。
洗口剤
あくまでも補助的なものだと考えてください。
お掃除のときに、洗剤だけかけても綺麗にならないですよね。
電動歯ブラシ
これはよくご質問に上がる道具です。
よく考えられた電動歯ブラシもありますが、これもお家のお掃除と
同じで、電気掃除機が勝手に掃除をしてくれる訳ではないので。
(最近は全自動のお掃除ロボットなるものがあるようですが
お口の中では、まだ実現していませんね)
どのように歯みがきをすればよいのかを習得されてから
お使いになるのなら、よい道具と成り得るでしょう。
その他にアイデアグッズ的な道具もいろいろあります。
しかし、大切なのはどの道具を使うのかよりも、どう道具を
使いこなして正しい歯磨きをするかです。
その他ご質問、お気軽にお尋ねください。

コメント:0件 »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメントをどうぞ