歯ブラシ-道具(その1)-

皆さんは歯ブラシをする時は、勿論歯ブラシを使って
いらっしゃると思います。
まず、その歯ブラシについて。
歯ブラシの硬さは「ふつう」「やわらかめ」をお使いください。
硬い歯ブラシですと、歯肉を擦りむいてしまう場合があります。
大きさは、ご自分の前歯2本分の幅の物が良いでしょう。
大きすぎるとお口の中で小回りがきかなくなります。
次に、歯ブラシには様々な補助的な道具があります。
主なものについて解説してゆきましょう。
デンタルフロス(糸ようじ)最もお勧めしたいものです。
これは、歯ブラシが行き届かない歯の隙間の汚れを取るために
使います。糸だけのものがデンタルフロスと呼ばれるもので、
取っ手が付いているものが糸ようじと呼ばれているものです。
(商標登録されていたと思います)
糸ようじの方が使いやすそうですが、奥歯に使うのには
ちょっとコツがいるようです。デンタルフロスは使い方さえ
修得すれば、経済的で使い勝手の良いものです。
歯間ブラシ
お口のお掃除に熱心な方が使っていらしゃるのをよく見受け
ますが、是非、お使いになる場合は歯科医師の指導をお受け
ください。お使いになる必要のない方が使ってしまって
かえって歯肉を傷つけてしまって大変な事態になる場合が
あります。
舌ブラシ、舌クリーナー
口臭の主な原因は舌苔と呼ばれる、舌の表面に付いている
垢や汚れであるとされています。これを取り除くために
使うのですが、あまり強くこすると舌の表面を傷つけて
しまいますので、注意が必要です。

その2に続く。

コメント:0件 »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメントをどうぞ