歯ブラシ-いつ?-

歯ブラシをいつすればよいのか?これもよくいただくご質問です。
一日三回行う。これで正解です。しかし、重要なのは配分です。
三回すべて、全力で歯ブラシをするのは大変ですよね。
最も大切なのは、この三回のうち夜寝る直前の歯ブラシを
しっかりする事です。
起きている間は、唾液がたくさん出てお口の中の食べカスなどを
適度に洗い流してくれていますが、夜寝ている間は唾液の分泌量が
減ってしまうために、お口の汚れがそのまま残ってしまっていると
細菌がそれらを分解して、お口の中のトラブルの原因を作りだして
しまいます。つまり、お口の中の細菌たちに「エサ」を与えて
いることと同じになってしまっているのです。
歯磨きを忘れた次の朝は、お口の中が気持ち悪い状態になって
しまった経験を持っている方がいらっしゃると思いますが、
まさにそのトラブルの元となる原因の「味」を感じている
状態なのです。ですから、夜の歯ブラシをしっかりやっておけば
朝起きてそのまま食事をして、朝の歯ブラシは朝食の汚れを
落とすだけでよくなるのです。昼も同様に、汚れを落とすだけで
十分です。
このように、一日の歯ブラシにメリハリをつける事によって
肩の力を抜いて歯ブラシができるようになると思います。

コメント:0件 »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメントをどうぞ